勤怠管理の業務効率改善を図る

膨大な枚数のタイムカードの集計や支店・店舗ごとに異なる管理の方法など、煩雑になりがちな勤怠管理業務を、クラウド型勤怠管理システム「Touch On Time」を導入することで、コストを低く抑えながら業務効率を改善することができます。 

  • 業務効率向上
  • 人件費削減
  • コスト削減

想定ケース

業種 飲食業
規模 従業員数約100名 2店舗
事業内容 飲食店事業・ブライダル事業をグループ展開

背景と導入目的

本社から各店舗の状況を把握することが困難で、不正が度々発生する。

シフト管理や給与計算を、各店舗が各々のやり方で行っていたため、本社から各店舗の勤怠や人件費などの状況を把握することが煩雑を極め、非常に困難な状況に陥っていた。

各店舗の状況を迅速に把握したい

煩雑な集計業務をなくし、各店舗の状況を迅速に把握できる仕組みを構築する必要があった。

導入サービス・ソリューション内容

クラウド型勤怠管理システム「Touch On Time」の導入

初期導入費用、運用費用を低コストに抑えながら、目的である各店舗の迅速な状況把握をおこなうことができる、クラウド型勤怠管理システム「Touch On Time」を導入。

期待される導入効果

業務効率の向上

本社からシステムを通して、全従業員の現状やアルバイトの時給管理もタイムリーに確認できるため、管理業務の効率が向上。

人件費の削減

初期導入コスト、月々のランニングコストも非常に低価格のため、管理にかかる人件費の削減が可能。

お問い合わせ・資料請求